静岡県磐田市の白葱農家後藤農園ではJGAP認証を取得し透明性のある、環境に配慮した農業を行っております。

お問い合わせはこちら

農業ブログ

日本の農産物について思う事

2022/10/26

安心安全な農作物とは?

こんにちは。後藤です。

先程、私のJGAP指導員資格がもうすぐ有効期限が

切れることに気付いてしまいました。

 

という事で急遽午後からインターネット研修を

受講しております。

受講後テストで90点以上を取れれば指導員資格を

更新することができるらしいです。

さっき知りましたが・・・。

 

だいぶ前にメールが来てました。

 

結構ボリュームがありますので何度かに分けて

勉強しようと考えています。

JGAPを知らない人の為に、GAPとは、直訳で

good agricultural practice  

良い 農業の やり方です。

農水省の日本語訳では、農業生産工程管理に

なります。

 

なぜGAPが必要なのか?

第一には農作物の安全を担保するため。

では安全とは?

 食品衛生法を遵守している農産物であり

細かくは残留農薬の基準を遵守している

病原性細菌など、食中毒の危険性がない

異物混入の危険性がない、放射能の基準を遵守

しているなどです。

食品衛生法に違反した農作物を生産・出荷した

場合、販売の禁止や懲役、罰金などの措置が

あるのです。

ですがこういった事を考えている生産者は実際は

少数だと感じています。

 

消費者が野菜を選ぶ場合、大まかに分類すると

慣行栽培か有機栽培になると思いますが、前者は

国や自治体、JAの指導の下、法律に則って農薬や

肥料を使って栽培する。

後者は有機農業推進法に定義され、要約すると

化学肥料や遺伝子組み換え技術を利用せず

環境への負荷を出来る限り低減した栽培方法です。

その中間に位置するのが特別栽培だと思いますが

ここでは割愛させていただきます。

 

私がここで言いたいのは有機無農薬という言葉が

無知な消費者に過剰に安心感を与えてはいないか

ということです。

もちろん有機栽培で安心、安全な農作物を

生産している農家さんもたくさんいらっしゃる

のは承知しております。

 

化学農薬、化学肥料を使用しないので安全という

イメージがありますが、例えば未熟堆肥を使用した

場合病原微生物による食中毒の危険性も

ありますよね。

 

過去には白菜の浅漬けからO-157が検出され

数名の方がなくなられたという事故もありました。

 

汚染源としては加工工場の人と水に加え、原料の

白菜が疑われました。

白菜への汚染原因として、牛糞堆肥が疑われました。

肥料の使用においては化学肥料であろうが

堆肥であろうが過剰な投入は、硝酸態窒素として

水系へ流れ出て水質汚染を引き起こします。

井戸の水質検査をすると硝酸態窒素が基準値を

超える地域もたくさんあるのではないでしょうか?

硝酸態窒素は基準値を超えた場合は飲用は

不可になります。

飲用不可の井戸水で栽培された農産物がはたして

安全でしょうか?

 

こういったリスクを一つ一つ評価、管理し自分の

農場にあった工程管理方法を作成、遵守したうえで

自己点検し改善を繰り返していくことで消費者へ

安全を担保できるのではないでしょうか。

 

慣行栽培、有機栽培どちらが安心かという事が

言いたいわけではなく、信頼される農場運営をし

食品安全、労働安全、環境保全に取り組み

持続可能な農業の基礎があって初めて

 

【安心、安全、おいしい】

 

を消費者へ届けれるのではないでしょうか。